専任技術者の要件

専任技術者とは、許可を取得しようとする業務についての専門的な知識や経験を持つ者のことで、営業所でその業務に専属的に従事する者のことです。
経営管理責任者が経営のノウハウを持った人とするならば、専任技術者は実務のノウハウを持った人とイメージすれば良いでしょう。

専任技術者は営業所にいることが前提ですので常勤性が求められます。

また、実務のノウハウを持っていなければいけないので以下のどれかに該当することが必要となります。

  • 10年以上の実務経験を有する者(学歴・資格を問わない)
  • 建築士、施工管理技士などの国家資格を有する者
  • 学校教育法による高校所定学科卒業後5年以上、大学所定学科卒業後3年以上の実務経験を有する者
  • 所定学科に関し、旧実業学校卒業程度検定に合格後5年以上、旧専門学校卒業程度検定に合格後3年以上の実務経験を有する者

専任技術者のポイントは「常勤性」「実務経験」 の2つです。あとはこの2つが間違いないことを書類で証明していくことになります。

コメントは受け付けていません。