許可の有効期限

建設業許可は新規取得したら終わりでなく、更新を重ねなければいけません。

建設業許可は5年ごとの更新が必要です

許可の有効期限は5年 となっており、この期間が満了する日の30日前までに「更新」という手続きを取らなければいけません。
もしもうっかり更新手続きを忘れてしまうと・・・・、残念ですがもう一度新規で取得することになります。
許可通知書には許可の有効期間や更新申請を行う際の書類提出期限の記載がありますので「そろそろ更新時期だな」というときは確認してみてください。

決算変更届も忘れずに!

5年に一度の更新とは別に、もう一つ毎年行わなければならないものが「決算変更届」の提出です。
毎年決算が終わってから4ヶ月以内に決算変更届を提出しなければならないのですが、数年分溜め込んでいる方もチラホラいらっしゃいます。
実はこの決算変更届を提出していないと上記の「更新」を受け付けてもらえないので注意が必要です。
更新時期になって慌てることがないようにしたいものです。

コメントは受け付けていません。