経営管理者の要件

経営業務の管理責任者とは、その営業所において、営業取引上対外的に責任を有する地位にあって、建設業の経営業務について総合的に管理し、執行する者を言います。
イメージとしては「建設業を経営するノウハウを持っている偉い人」と思ってください。

偉い人ですから、法人の場合は常勤 の役員(取締役など)でなければいけません。
常勤とは原則として本社、本店等において、休日その他勤務を要しない日を除き、一定の計画の下に毎日所定の時間中、その職務に従事していることをいいます。

また、建設業を経営するノウハウを持っていなければいけないので以下のどれかに該当することが必要となります。

  • 許可を受ける業種について、5年以上の法人役員の経験又は個人事業主等の経験があること
  • 許可を受ける業種以外の業種に関して、7年以上の法人役員の経験又は個人事業主等の経験があること
  • 許可を受けようとする業種について、7年以上経営業務の管理責任者に準ずる地位にあって 、経営業務を補佐した経験を有すること

経営管理者のポイントは「常勤性」「経営経験」 の2つです。あとはこの2つが間違いないことを書類で証明していくことになります。

コメントは受け付けていません。