一般建設業と特定建設業

建設業許可には「一般建設業」と「特定建設業」の2種類があります。
これは自分が元請となった場合の下請けに発注する工事金額によって区分されます。

  • 下請けに出す金額が3000万円(建築一式は4500万円)以上は「特定建設業」
  • 下請けに出す金額が3000万円(建築一式は4500万円)未満は「一般建設業」

もちろん受注した工事を下請けに出さず自分(自社)のみで行う場合や建設工事を下請業者として受注する場合は「一般建設業」の許可で足ります。

特定建設業の制度は下請負人の保護などのために設けられているもので、法令上特別の資格や義務が課せられています。
なお、3000万円(建築一式4500万円)という金額は、複数の一次下請業者に発注する場合はその合計金額となります(二次以降の下請に対する下請契約金額の制限はありません)
また、契約書等において事前に発注者(施主)の承諾を得た場合以外は、工事の全部を下請に出すことはできません(丸なげ禁止)
さらに、公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律では公共工事における一括下請が禁止されています。
一括下請の禁止は二次以降の下請にも同様に適用されます。

コメントは受け付けていません。